私は数年前から毛のないの悩みを携えいますが、近頃はあまり激しく悩まなくなりました。
齢をとってさほどぱっと見こだわらなくなったためかも知れませんが、悩んでも良い状況にはならないと勘付いたのが大きいと思いますね。
どんだけ激しく想像したところで頭髪は生えませんし、それとは逆にフラストレーションが溜まってマイナス効果になってしまいます。
従って理想とする姿としては「少しは心に余裕を含みつつ、行うべき事はしっかり続けていく」という訳です。

また、活用中の育毛剤の有効性を体感していることも、私の心のゆとりに一役買っています。
フサフサになるほど健在なわけではないですが、日頃の抜毛が減少して頭髪がじわじわ太くなっているのを見ると望みが込み上げてきますからね。
「それならば問題ないや!」という自己催眠みたいな感じで、自分の育毛に自信をもつことも必須です。

いずれにしても考えすぎちゃうのは、髪の毛にもオススメしませんし毎日の暮らしが真っ暗になってしまいます。
薄毛になって気恥ずかしい気持ちはある方も多いかと思いますが、人は意外に他の人の頭など見ていないものです。
ざっくばらんに言ってしまえば、ハゲをコンプレックスを抱いているのは自分だけということですね。

私の経験談としても、いままで誰かにに頭部をしげしげと見られた経験はありません。
そりゃ「ハゲてますね」と話されたこともないです。
相手が気を付けてくれているかも知れませんが、毎日の生活でそれほどハゲを負い目に思う状況は無いでしょう。

薄毛というのは多くの男の人に訪れる自然の現象のようなものです。
しみじみと深く考え過ぎることなく、自由にと育毛に取り組みましょう!