どのタイプの抜け毛が気になりますか?こちらのページでは薄毛の種類とタイプ別の対策をお伝えしていきます。

毛髪が抜けて薄毛に発展していくサインには、いくつもの種類に分かれていることを知っていましたか?その種類を把握し、種類別の解決方法を把握しておくことが後で苦い思いをしないで済む状況にするためのファーストステップなのです。こちらでは、薄毛の種類別の対策をするための重要ポイントをお話していきます。

今回、こちらのサイトでご紹介するのは、

薄毛の種類としては特にポピュラーな3種類だと言えます。
最初に完全な薄毛になる迄の前のステップを知ることで、なるだけ早い時期から薄毛を察知し、

効果の高い対策を早めに実施することができるようにしておいた方が良いです。

なぜなら、いったん薄毛になってしまってから、

薄毛に聞く薬を使ったケースでも、生えるまでには数カ月かかるのが当たり前だからです。

1種類目はU型と言われている薄毛の種類で、

日本人には多く見られる種類の薄毛なのですが、

これは、額の生え際から髪がジワリジワリと抜けていくタイプの薄毛です。
生え際付近の形がUの字のように見えることからこんな呼び方になっています。
その名が示す通り生え際から衰退していき真ん中から
薄毛になっていくので、Uの形見えます。

2番目の薄毛の種類は、M型と言います。
おでこ付近から薄毛になっていくのはU型と同じなのですが、そり込みの部分から髪の毛が薄くなるので、

M型薄毛と呼ばれています。

実は、U型薄毛とM型薄毛は同じ原因によって薄毛になるといわれており、同じような対策で薄毛を防ぎます。

次は、O型の薄毛です。頭頂部から髪の毛が抜けていき、最後には頭の前側や側頭部まで、薄毛が進行していきます。

U型薄毛は最近GACKTさん出演のCMもあってか、メジャーになってきたAGA(男性型脱毛症)が

大きく影響しています。女性であってもAGAにはなるのですが、男性ホルモンが薄毛を誘発することに起因して、

薄毛になります。この場合には、DHTという物質が発生して薄毛になるため、DHTの発生を抑える薬が

薄毛を抑えるのに効果を発揮できます。有名な薬剤としてはプロペシアです。プロペシアやその

ジェネリックはインターネットを活用して購入可能ではあるのですが、より確実性を考えるのであれば、

AGA専門のクリニックを受診するのが鉄板と言えるでしょう。

また、男性ホルモンのバランスの乱れが薄毛の原因と考えられ、生活習慣、食事の改善、ストレス対策が

必要されています。また、自律神経の乱れ、血行不良も薄毛にはよくありません。

つまり、薄毛の薬を採りつつも、規則正しい睡眠、運動、食事、を心がけ、ストレスを発散するよう、

心がけることが有効な薄毛対策になります。

M型の薄毛はO型と原因も似ており、ホルモンバランスの乱れも原因の一つですが、M型はさらに、

頭皮の健康状態が悪いことも原因の一つであるため、頭皮を清潔にし、血行を良くして、栄養をいきわたらせる

事も加えておこなわなければなりません。

頭皮が油っぽい人は要注意で、シャンプーの方法を改めたり、ご自分に合ったシャンプーを見直すのも

良いかもしれません。例えば、お近くのアデランスサロンの育毛体験などで、シャンプーの体験などをするのも

一つの手段でしょう。また、M型薄毛専用の育毛剤というものもあり、プランテルというものが

非常に有名です。

O型の薄毛の原因は頭皮環境の悪化の為に、毛根に栄養がいきわたらなくなって薄毛になると考えられています。

ホルモンのバランスが原因ではないので、育毛剤よりも、生活習慣の改善や頭皮環境の改善が薄毛の対策として

有効と考えられています。

薄毛のタイプを知れば、具体的な対策が見えてきますね。

U型、M型、O型の薄毛のタイプが分かれば、それぞれどういった対策が必要かもわかってきますよね。

ご自分で判断できない場合は、専門のクリニックや、アデランスなどの無料体験を活用してプロに相談してみるのもいいと思います。

薄毛の対策を始めてから、うまく髪の毛が伸び始めるまでには数か月ありますので、早めの有効な対策が重要と考えます。

素早く原因を特定して、攻めの育毛対策を行いましょうね!


最先端の発毛サポートシステム「へアリプロ80」を体験