私の髪の悩みは、
くせ毛・髪の傷み・抜け毛です。
10101617x300x200a
くせ毛の対策としては、

シャンプー・コンディショナーを選ぶときは、
いつも「ストレート」とか「まとまりがよくなる」などと表記してあるものを選びます。

そして、

髪を洗う時には、
少し大げさなくらいにコンディショナーをしっかりと髪につけます。


コンディショナーのつけ方が足りないと、
髪がごわつき、
うねりと広がりが気になってしまいます。

それから、

髪を洗ったあとは時間を置かずにすぐにドライヤーで乾かす
ようにしています。
ドライヤー

このとき、
生乾きにならないように完全に乾かすようにします。
こうすることで、

翌朝の寝ぐせを少しは防ぐ
ことができます。

それでもクセが強いため、
毎朝出かける前には寝ぐせ直しのスタイリング剤が欠かせません。
しかし、
頑固なくせ毛のため、
スタイリング剤だけではしっかりまとまらず、

お金に余裕のあるときには縮毛矯正をかけています。
一度かけるごとに15,000円くらいかかるのと、
髪の傷みが気になるため、
なるべくかける期間を空けてはいるのですが、
3カ月もすればうねりが目立ってきてしまい、
スタイリングが大変です。

以前は、
ストレートヘアアイロンも毎日使っていたのですが、
熱で髪がチリチリに痛んでしまい、
今は使っていません。
くせ毛をストレートにするためには、
縮毛矯正やアイロンが必要ですが、
それを使うせいで髪が痛み、
髪が痛むと余計にクセやうねりが出て髪が広がり、
悪循環のループにはまってしまいます。
ストレートヘアアイロン
また、
30代半ばになるにつれ、
だんだん白髪も目立ちはじめたので、
今は白髪染めも使うようになったのですが、
これもまた髪が痛んでしまい大変です。
市販の髪染めだと金額は安くて済みますが、
やはりそのぶん髪の傷みはひどいです。

しかし、
美容院で染めてもらうとなると、
それなりの金額になるので美容院では一度染めたっきりです。
昔は、
柔らかくて適度に細い髪質だったのですが、
今は太くて髪の毛一本一本がジョリジョリになってしまいました。
髪が痛むようになってからは、
抜け毛にも悩まされるようになり、
髪を洗っているときもたくさん抜けて、
排水溝にはびっくりするくらいの量の髪の毛が残っています。

排水溝・髪の毛の画像
排水溝・髪の毛

それから、
髪を乾かすときやスタイリングのときは手ぐしでやるのですが、
これでもかというほど指に髪の毛が抜けて巻き付いてきます。
また、
何もしていないときにも抜けているようで、
部屋のカーペットやフローリングにもいつも髪の毛が落ちています。
旦那と二人暮らしなのですが、
落ちているのはいつも私の髪の毛ばかりです。
ヘアースタイルひとつで、
人の印象は変わるものなので、
少しでもまとまったツヤのある髪質になりたいのですが、
なかなか難しいです。
つやのある髪質